伝説のストレートシックス 4台の50~80年代直列6気筒アイコンモデル

63

直6神話 メルセデス300SL、ジャガーEタイプ、BMW M1、ニッサン スカイラインGT-R R32

直6レジェンドたち。メルセデス300SL、ジャガーEタイプ3.8 OTS、BMW M1、そしてニッサン スカイラインGT-R R32。
世代を超えた、それぞれに異なるキャラクターを持つ4台だが、彼らには共通点がある。それは4台とも直列6気筒をコンセプトとしたモデルであることで、いずれも今や伝説的存在になった。

形も年代も違うが、直列6気筒エンジンを持つ、伝説的な車4台。あなたなら、一番先にどれに乗ってみたいだろうか??

50年代の直6アイコン: メルセデス300SL

直列6気筒エンジンの神話は、50年代半ば、メルセデス300 SLから始まった。
6気筒エンジンはこのスーパースポーツカーのアイコンを弾丸のように加速させた。300SLは82kgチューブラーフレームを採用したために、デザイナーは乗り降りしやすく、かつ緊急時にも対応できるよう、自動車史上最も伝説的なガルウィングドアを採用することを必然的に強いられた(簡単に折り曲げ可能なステアリングなども、そうである)。

今でも走る能力は天下一品。今の自動車の性能に劣ることはない。
もちろん運転するにはテクニックは必要だが…。

ガルウィングドアに砲弾型ミラー。これぞ300SLだ!
間違いなく、メルセデスベンツの中ではもっとも特別な一台だ。
※我が国では力道山と、石原裕次郎が所有していたことで有名。
乗り降りしやすいように、簡単に曲がるステアリングホイール。ダッシュボード上のいかしたメッキのミラーはもちろん標準装備。
スティック状のシフトノブと、ざっくりしたカーペット生地はこの時代のメルセデスらしい雰囲気。
決してスパルタンではないことが、この写真からもわかろう。全体の雰囲気はラグジュアリーでさえある。
軽量ボディに搭載された3リットルの直噴エンジンは時代を先取りしたものだった。

300SLのシルエットは時代を超越した美しいラインを備え、ガルウィングドアは数十年経っても、まったくその魅力を失っていない。

60年代の6気筒アイコン: ジャガーEタイプ

ジャガーEタイプはすべてのフロントエンジンスポーツカーの理想像だ。60年代に生まれたこの英国車は50年以上もの間、多くのメーカーのお手本となり、多くのオープン2シータースポーツの開発に影響を与え続けている真の名車だ。

ジャガーと言えば、この車を思い出す人も多いはず。ミニ、ロールスロイスと並ぶ英国車を代表するアイコン、それがEタイプだ。

映画「シャレード」でオードリー・ヘップバーンは歩道から、ドアを開けずにポーンと椅子の上に飛び乗っていたものである(それがまた、なんとも粋で素敵だった)。それほど車高も、ドアも低いのである。
繊細なドアハンドルとレギュレターハンドルが美しい

繊細なメッキが施された美しいオーバーライダーとエグゾーストパイプ。
ガバッと開くボンネットを開けると現れるストレート6。キャブレターとヘッドカバーがなんとも格好いい。ダンロップの懐かしいパターンにもご注目。
シフトノブやサイドブレーキレバーも繊細で美しい。

繊細な板金ドレスとは対照的に、直6ジャガーEタイプ3.8 OTSはとても男性的なクルマだ。
イグニッションにキーを差し込んで、チョークをひいてエンジンをかける…。それが本来のスポーツカーだったのだ。

70年代の6気筒アイコン: BMW M1

M1の歴史は直列6気筒シリーズのエピソードの中でももっとも感動的なものの1つだが、そのモデルのエンディングは決して幸福なものとは言えなかった。
M1のルーツはレースにあった。M1は、本当はグループ4でチャンピオンとなると同時に、プロダクションモデルとして、BMWからの初のスーパースポーツカーになるはずだった。しかし残念なことに、M1はどちらにもなりえなかった。
グループ4のマシンとしては重量が超過していたために失敗し、スーパースポーツカーとしては同じ価格帯に、もっと強力で高速で、何よりも名門の車が多すぎたというのが原因となって販売的には失敗した。内容は文句なく素晴らしく、現在でも十分に通用する性能なのに、大変残念なことだ。
ドライバーの後ろに備わった世にも美しい響きを奏でるBMW製直列6気筒エンジンは、こうして悲劇のヒーローになったのだった。

両側についたBMWのエンブレムがM1のアクセント(もちろんこれが標準の姿である)。ジュウジアーロのデザインらしい、直線基調のボディがシンプルできれいだ。こけおどしのエアロパーツや、過剰な演出などはこのクルマには無用なのである。
過剰な演出はなく、いたってビジネスライクな室内。作りなども素晴らしく上質ではあるのだが、こういう質実剛健なところもライバルのスーパースポーツを好むような層には訴求しなかったのではないだろうか。
BMW M製のストレート6。この写真からも作りが良いことがわかるだろう。同時代のイタリアンスーパースポーツとは大きな違いがある。

80年代の6気筒アイコン: ニッサン スカイラインGTR R32

日産はこれまでに6世代にわたってGT-Rシリーズを開発販売しているが、この3代目こそがすべての世代で最も輝かしいモデルだ。GT-R R32は、スカイラインをビースト(獣)化させた。
未だにGT-Rと言えば、この色、この形を思い浮かべる人も多いのではないだろうか?それほどの存在感と性能を世界に発信したのが、このクルマなのである。
サイズも今見るとコンパクトである(まあ、それだけ世の中の自動車が、ここ30年で肥大してしまったということでもあるのだが…)。
30年が経過してもあまり古臭く見えない内装、エアバックのないステアリングホイールは標準装備のモノだ。シートなどもかなり未来的な形状と生地を使用していた。当時のニッサンらしい圧迫感の少ないインスツルメンツパネルもよく考えられたデザインである。
280馬力2.6リッターツインターボが、電子制御により効率よく4輪を駆動する。
日本から来たこのゴジラは、グループA生まれのツインターボエンジンによってのみ真価を発揮するが、ハイテク爆撃機GT-Rの優れたドライビングダイナミクスは、コーナリング時にも特に顕著に発揮される。それは電子的な4輪の制御が素晴らしく優れているからだ。

形も年代も大きく異なる4台だが、いずれも現在乗ってもそれぞれが特徴的で素晴らしいことは言うまでもない。
さて一番未来につながってみえる一台はどれだろうか?
そしてあなたが一番欲しいのは、どの車だろうか?

Text: Stefan Helmreich
Photo: Christian Bittmann