【ニューモデル情報】電動Eクラス 新型メルセデスEQEのすべての情報をお届け!

343

いよいよEクラスの純粋な電気兄弟ができる。メルセデスは、Eクラスにも電気駆動を持たせた。技術やインテリアは、兄貴分のEQSをベースにしている。メルセデスEQEの市場導入は2022年半ばまでお預けだ。すべての情報!

2030年までに、メルセデスの新車販売台数の半分に電気駆動装置を搭載する予定だ。「EQE(社内コード:V 296)」は、現在注文可能なトップモデル「EQS」の弟分として、2022年中頃に発売される予定だ。電動ガソリン車の全長は、実質的に内燃機関搭載の「Eクラス」と同じで、室内寸法は現在中国でのみ販売されているロングホイールベース車と同じだ。市場投入は2022年半ばを予定している。価格は現時点では未定だが、「EQE」は70,000~75,000ユーロ(約930~1,000万円)からと推定される。市場導入時には、標準装備を充実させた限定車「エディション1(Edition 1)」が用意される。

メルセデスEQEにEQSの「ワン ボウ デザイン」を採用

当然のことながら、「EQE」には「EQS」に似た弓形のシルエットが採用されている。メルセデスは全体を「ワン ボウ デザイン」と呼んでいるが、このラインはより良い空間づくりに貢献するものと考えている。3.12mのホイールベースと相まって、車体の伸びも、非常に大きくなっている。「EQE」は、「EQS」よりもわずかにフレアしており、よりスポーティな印象を与える。セダンは「ダイナミックなハンドリングとリラックスした走りを両立する」ことを前提としており、それをよりストイックな外観に反映させている。

HEPAフィルターでウイルスや細菌をシャットアウト

それは、メルセデスらしいEQデザインを採用したフロントにも反映されている。連続した光の帯ではなく、目を細めたようなグラフィックが施されたやや不気味なヘッドライト。標準装備のクローズドブラックマスクには、オプションでメルセデスの小さな星を付けることができる。さらに希望すれば、AMGパッケージも用意できる。そのスポーティなスカートを装着すると、「EQE」は「EQS」のCd値(0.2)にほぼ到達する。開口部のないフロントボンネットの下には大型のHEPAフィルターを搭載し、コックピット内にウイルスや細菌が侵入しないように配慮している。

フロントボンネットの左下にあるHEPAフィルター。

リアエンドはEQSよりも好感が持てる

リアエンドは丸みを帯びているが、「EQS」に比べると、少しは好感が持てそうだ。電動モーターの銅線の巻線をイメージしたコイル状の光の帯が、リアとサイドに連続しているのが特徴だ。ライトグラフィックは、クラスの違いを示すために、片側の縦スラットが1本少なくなっている。また、「Cクラス」、「Eクラス」、「Sクラス」のライトユニットのLEDドット数も同様となっている。

「EQS」よりもさらにずんぐりしている。リアエンドは、より好感が持てそうだ。

メルセデスEQEにオプションで用意された巨大なハイパースクリーン

ドライバーズキャビンは、「EQS」と実質的に一対一で構成されている。それぞれサイズの異なる2つのスクリーンを持つ2つの基本構成に加え、ハイパースクリーンが価格帯の上位で待機している。幅141センチ、表面積2432平方センチメートルのガラスパネルに、3つのスクリーンを搭載している。3つ目は助手席用で、そこに人が座っているときだけ作動するようにできている。

メルセデスは、EQEに巨大なハイパースクリーンをオプションで用意している。助手席のスクリーンは動画再生が可能となっている。

目玉は、初めて映画の上映が可能になったことだ。しかし、ドライバーが画面を見るとすぐに解除されてしまうようになっている。この機能は、デジタルコックピットのアイトラッキングセンサーでモニターされ、今回、「EQS」にも搭載されている。「EQE」には、最新世代のMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンス)インフォテインメントが採用されている。適応力があり、かなり高性能なボイスコントロールが搭載されている。コックピット内のスペースはゆったりとしており、移動の自由度は十分すぎるほどだ。背の高い人でもルーフで傷がつくことはないが、バッテリーをフロアに搭載した関係で、「メルセデスEクラス」よりもシートが高く取り付けられており、それが着座位置や空間感覚に影響している。

トランク容量:430~770リットル

後方に移動する。2列目のスペースは非常に大きく、「メルセデスEQE」は、「Eクラス」よりも約8センチメートル広いレッグルームを約束している。これは確実に目に見えるもので、ほぼフラットな車両フロアと相まって、心地よい広さ感を生み出している。ヘッドルームは? メルセデスは、クーペのようにルーフラインを傾斜させるアイデアを考え出したのである。パノラマルーフはさらに後退し、後部のガラスの真下に座れるようになり、ヘッドルームも広くなった。ただし、ルーフバーが邪魔になるので、限られた範囲でしか使えない。また、大型ガラスルーフの採用により、トランクリッドはリアウィンドウの上ではなく、下にヒンジで固定されるようになっている。430~770リットルの収納量は相当なものだが、アクセスだけはやや損なわれている。

EQSのような静粛性とスポーティな走りを実現するEQE

メルセデスはすでにミュンヘンモーターショー(IAA 2021)で、新型電動ビジネスサルーン「EQE」を一般公開している。しかし、我々がテストできるようになるには、まだしばらく時間がかかりそうだ。それまでは、同乗走行で電気自動車の走りの特徴を第一印象で確認することができた。特に走行中のノイズの少なさは際立っていた。「EQE」は、兄貴モデルである「EQS」の静粛性を確保したのと同じ断熱プログラムを搭載している。エントリーモデルのエンジン(EQE 350、210kW(286馬力)、後輪駆動)でも、電気自動車のEクラスは十分スポーティに走り抜けるはずである。

AUTO BILD編集部のアンドレア フーバー記者は、同乗走行ですでにEQEの動力性能と乗り心地を試している。

試乗車に装着されたオプションのエアサスペンションは、ロングホイールベースと相まって、大型の「EQS」よりややスポーティなはずの「EQE」でも、ゆったりとした旅ができる。シート間の収納は、センタートンネルがないため、日常生活で必要な小物類を収納することができるはずだ。
Andreas Huber記者の結論:
メルセデスが試乗の際にトップモデルを車庫から出さずに、エントリーモデルで連れて行ってくれたのはありがたい。これは、ベーシックなエンジンでもきちんとした走りができることを示すもので、必ずしも馬力王である必要はないのだ。「EQS」との類似点の多さが、最終的に「EQE」に良い影響を与えるかどうかは、最初のテストでわかるだろうが、傾向としては正しいと言える。

EQEは600kmをはるかに超える航続距離を持つはず

「EQE」も兄と同様、「EV2」プラットフォームを採用している。当面は、正味容量90.6kWhのバッテリー1個のみとなる。これなら600kmを優に超える航続距離を実現できるはずだ。400V技術により、「EQE」は最大200kWの充電が可能だが、充電時間はまだ公表されていない。しかし、約15分で300kmまで充電できる「EQS」と同程度の性能であるはずだ。

市場投入時のエンジンは2種類

市場導入時のエンジンバリエーションは2種類だ。最初のモデルは、210kW(286馬力)の「EQE 350」で、リアアクスルにモーターを搭載している。2番目のモデルについては、まだ情報がない。しかし、このプラットフォームにはフロントアクスルに2基目のモーターを搭載するスペースがあるため、全輪駆動でよりパワーのあるモデルが登場すると思われる。

オプションとして、「EQE」にはエアサスペンションが用意されている。リアアクスルステアリングも別途費用がかかる。ここでは、4.5度と10度の2つのオプションが用意されている。「EQE」はレベル3の自律走行が可能と噂されているが、メルセデスはこの件に関してもまだ情報を公開していない。

結論:
「メルセデスEQE」は、メルセデス・ベンツが電気自動車のセダンの世界に参入することを、もう少し手頃なものにした。もちろん、その機能の多くは別料金だ。しかし、基本的には大きな「EQS」にあるものはほぼすべて提供できる。テストでは、画期的なドライビングエクスペリエンスとして、グレード1を与えた。さて、「EQE」も同じようなことができるのか、気になるところだ。

Text: Andreas Huber and Moritz Doka
Photo: Mercedes-Benz AG